葉酸は妊娠を考えはじめた時から心がけて摂取したい栄養素

葉酸とはほうれん草の葉から見つけ出された栄養素の一つです。生命に欠かせないタンパク質のもととなるアミノ酸を豊富に含んでおり、ビタミンB12とともに血液をつくりだす働きがあるので、妊婦さんには必要不可欠な栄養素なのです。

葉酸はほうれん草やレバーに多く含まれていますが、水溶性のビタミンなので、熱に弱いという特徴を持っています。調理する過程でうしなわれやすく、不足しがちです。

葉酸が妊婦さんに必要なワケ

葉酸は赤ちゃんとお母さんに特に必要不可欠な栄養素で、赤ちゃんのビタミンともいわれています。妊娠初期に葉酸を積極的にとることで、赤ちゃんが先天的な障害になるリスクを大幅に下げることができるという研究結果もでています。

葉酸が不足している場合、赤ちゃんは二分脊椎症という病気にかかりやすくなります。本来赤ちゃんが育つはずの脳や体が変形してしまい脊椎管の中にあるはずの神経が、脊髄や脊椎の外に出てしまうという病気です。

この疾患を予防するのに効果的なのが葉酸で、2000年には厚生労働省が妊婦さんの葉酸接種を呼びかけているほどです。また妊娠中赤ちゃんに優先的に酸素がおくられるようになっているお母さんの血液は薄くなり、その為に貧血が起こりやすくなっています。妊娠中は普段の2倍必要といわれる葉酸は血液を増やす作用があります。特に赤ちゃんが成長する妊娠中期から後期にかけて必要になります。葉酸について参考になる記事「https://mama-yousan.com/

妊娠前から必要な葉酸

妊娠すると葉酸が必要なことは知られていますが葉酸をとる理想のタイミングは、実は妊娠直前からなのです。妊娠3、4週目になるとだるさや疲れやすいといった妊娠の兆候がみられるようになります。

このころお腹の中では赤ちゃんの細胞分裂がはじまりますので細胞の増殖をサポートする葉酸は必要不可欠なのです。また子宮内で赤ちゃんを育てるために必要な器官がつくられる時にも葉酸の栄養素を活用します。

そして子宮内膜の細胞を増やしてくれる葉酸は、流産しにくい体をつくりあげてくれます。葉酸は妊娠を望んだ時から心がけて摂取したい栄養素ですね。