猫はなぜ毛玉を吐くのか?毛玉を吐く理由と毛玉量を減らす方法を解説!

猫の習性として「毛玉を吐く」行為があります。

「ゲホッゲホッ」と言った直後によく吐き出しているものが「毛玉」です。

今回は、猫が毛玉を吐き出す理由と毛玉量を減らす方法について紹介します。

そもそも毛玉とは?毛玉はなぜできるのか?

そもそも毛玉とはなんなのでしょうか?毛玉とはその名の通り「毛の塊」です。

毛玉ができる理由は「グルーミング」という行為にあります。グルーミングとは、猫が自分の体を舐めて毛づくろいをすることをさします。

主に寝起きや食後、くつろいでいるとき、ストレスを感じるときによくみられ、綺麗好きの猫であれば一日の大半をグルーミングに費やす場合もあります。

このグルーミングにより、毛づくろいと一緒に毛を飲み込んでしまいます。毛玉の正体とは、グルーミングにより蓄積された毛の塊と言えます。

毛玉を吐くことは猫の体に悪いこと?

毛玉を吐くこと自体は悪いことではありません。

グルーミングによって蓄積された毛は、胃の中で消化されないため、排泄物と一緒に排出されたり、飲み込んだ毛の量によっては口から吐き出すことになります。

猫の成長度合いや、長毛・短毛によって毛玉を吐く頻度が異なります。また、猫の状態によっても吐き出す毛玉が、完全に毛の塊だったり、胃液や食物が混じっていることもあります。

毛玉を吐くことは、毛玉を吐く頻度や毛玉の形状によって良し悪しはありません。逆に吐き出していることが猫の体調は安定していると言えます。

毛玉を「吐かない」ことと「吐けない」ことの違い

毛玉を吐くことは悪いことではないと前項でお伝えしました。続いては、猫が毛玉を吐かないことと、吐けないことの違いについてお伝えしていきます。

毛玉を吐かない場合

猫が毛玉を吐かないことは果たして体に悪いことなのでしょうか?子猫や短毛種の猫であれば、毛玉を吐く頻度は少なかったり、全く吐かないこともあります。

基本的には排泄物と一緒に毛も排出されますので、猫が元気で食欲があれば問題はありません。

ただし、元気や食欲があっても排泄物に混じっていない場合は注意が必要ですので、日頃から猫の状態は把握しておきましょう。

猫が毛玉を吐けない場合は毛球症になってしまうかも

猫が毛玉を吐きたくても吐けない場合は要注意です。「ゲホッゲホッ」と咳が続けても、何も吐き出せない場合は胃に毛玉がたまり過ぎてしまっている証拠です。この場合、排泄物での排出も期待できません。

もしも毛玉を吐き出せずに、胃の中に毛を溜め続けてしまうと「毛球症」という病気を発症する可能性が高くなります。

毛球症の症状は、食欲低下や吐き気、便秘が先行して表れます。体内で行き先のなくなった毛玉は一方的に溜めることしかできず、場合によっては命に関わります。

当然たまりすぎた毛は腹部を切開して取り除くしか方法はありません。対処が遅くなる前に、動物病院で診察してもらいましょう。

毛球症を防ぐために毛玉量の予防方法

毛球症を抑えるためには、猫の体内に入る毛の量を少なくすることが重要になります。この項目では予防法を2点紹介します。

雑草を与える

猫はよく道端に生えている雑草を食し、毛玉を吐き出します。室内で飼っている場合は、道端に生えている草を与えたくはないと思いますので、

市販されているイヌ科の植物を与えてみると良いでしょう。定期的に与えることで毛玉の吐き出しを促進させたり、排泄物と一緒に取り除く効果が期待されます。

こまめにブラッシングする

引用:おすすめのドックフード10個を比較!安全重視で選ぶランキング10選 – わんこの暮らし

手頃にできて、もっとも効果が高いのがブラッシングです。特に注意したいのが換毛期です。猫には換毛期と呼ばれる時期が3月と11月にあり、それぞれのタイミングで夏毛・冬毛に入れ替わります。

この期間は一年間で最も毛が体内にたまりやすい時期です。普段よりも高頻度のブラッシングを心がけましょう。

成猫にいきなりブラッシングしてしまうと、少なからず抵抗があるため、小さいうちからブラッシングに慣らしておくと良いでしょう。

まとめ

今回は猫が毛玉を吐く理由と毛玉量を減らす方法について紹介しました。

猫が毛玉を吐くことはいたって正常であり、逆に吐き出せない場合は一刻も早く診察を受けることを忘れてはいけません。日頃から猫の状態をチェックし、猫の健康を守りましょう。